私がブログを始められなかった理由

私がフリーライターになったキッカケは、はじめから運良く仕事をもらえたから。そこから人の縁で仕事は広がっていってね。自分から仕事を増やす努力なんてあんまりしてませんでした。

それでも「フリーランスのライターなんだから、自分の存在をアピールするための発信場所は持っていた方が良いかなぁ」なーんてぼんやり思っていたのです。億劫でそこまでやる気は起きなかったのですが……。

それは、ひとつの思いに縛られていたからなのでした。

私を萎縮させていたモノの正体とは?

私は自分が発信することに対して、恥ずかしいという思いがありました。

それは、書籍をバリバリ出版していて、知名度が高くて、センスあるライターさんが数多くいる中で「自分みたいなライターの端くれが、情報発信してていいのか!?そもそも発信することなんてあるのか!?」なんて考えていたからです。

そんな時に出会ったのが、マツオカミキさんブログのこちらの記事。
「いろいろ考えちゃってブログが書けない…完璧主義者が陥りがちな思考とその解消法」

今の自分以上のモノを見せるなんて、無理!ってことに気付いちゃった。

いいこと書いてやろう、すごい人って思われたいだなんて、ただの思い上がりですね。(本当はイケハヤさんとか、はあちゅうさんとか、めっちゃ憧れちゃうけどね!)

まずは「トライ&エラー」。書いて書いて自分のスタンスを見つける方が大事。悩む時間の方がもったいない。

ライターは数書いてこそなんぼだと思うのです。スポーツをする人が筋肉を鍛えるように、ライターの筋力って、とにかく書きまくるということ。ブログはその練習にもなりますよね。

そしたら、自分らしい文章を見つけるためにも、いろんな人とつながりを持つためにも、そして新規仕事ゲットのためにもブログを書くことってメリットが多すぎる。

ブログを始めて良かったと感じること

1.著名ライターさんの人気のヒミツが分かってきた

ブログを始めるにあたって、まずは他ライターさんのサイトを研究することにしました。人気の方はやはり独自性があるなぁと。旅をしながら仕事をする方、切り口がシュールな方、ノウハウが豊富な方……などなど。表現にもその人らしさが表れているんですよね。

構成、ネタの内容、SEO対策なんかも参考になります。日々勉強!モチベーションは確実に上がりました。

2.仕事の幅が広がった

これまで紙媒体の仕事が多かったのと、Webライティングの新規開拓はランサーズなどの安価の仕事が多くて挫折していたので、正直Web媒体には期待していなかったのです。

そしたら、経験者優遇の高額案件って意外とあることに気付きました。探そうとしていなかっただけなのかも。地方の仕事だけでは限界があるので、全国から仕事をいただける機会を得るには、自己サイトがある方がダンゼン有利です!

3.HTMLの知識がついた

このブログはWordplessを使用しています。初心者ですがCSSカスタマイズも頑張って、何とかなってるはずです。サイトはもちろん内容も大事ですが、デザイン命!と思っているので。

迷っている人は、まずはブログを始めてみよう!

自分の仕事や活動の幅を広げていきたいけど、ブログでの情報発信にためらっている方へ。

絶対に始めた方が良いです。メリットが多すぎます!まずはブログを開設しちゃいましょう。

サクッと始められるのはアメブロやFC2かもしれませんが、あのごちゃごちゃ感が私は耐えられませんでした……。簡単に始められるのにデザインもシンプルでステキなのはBlogger。アフィリエイトもOKだしおすすめ。でもね、きちんとサイトを育てていきたいのならWordplessをおすすめします。

ブログを育てていくことは、絶対に仕事の財産になりますよ~!

スポンサーリンク