長岡市「越後の台所すずきち」でSNS映えについて考える

先日、仕事で長岡へ行ってきました。「食欲もやや戻って来たことだし、何か美味しいものが食べたい!」と思ったワタシ。体が何を求めているのかしらと、そっと心に聞いてみたところ「野菜!」との叫びが。

そうなったら、この店しかないでしょう!

ベジタリアン・ビーガンにも対応の野菜料理店

越後の台所「すずきち」。お久しぶりの訪問です。

SUZUグループが展開する野菜料理がおいしいお店。農家さんから直接仕入れた新鮮野菜を、オシャレな料理で楽しめます。


メニューは野菜、魚、肉の割合がそれぞれ違う3種類からセレクト。わたしは野菜6品、肉2品、魚2品の「大地のランチ」をオーダー。

平日11時半に来店したからか、先客はまだ2組ほど。カウンターでスタッフさんがテキパキと調理している様子を眺めます。カウンターって好きだなぁ。


オーダーしてすぐに野菜スティックが登場。

盛り付けがオシャレ!フォトジェニック!南蛮味噌とマヨネーズをディップして食べるスタイルです。野菜がしゃっきりと冷えていて美味しいの。


蒸篭に入った雑穀米はお代わり自由。みそ汁は日替わりで、この日は厚切り大根、小松菜、茄子がゴロゴロと入っていました。


プレートも登場。生野菜、揚物、煮物、スープと、味も食感もバラエティに富んでいてどれも少しずつ。10品もおかずがあるからボリューミーなんです。サラリーマンも満足間違いなし。

料理はヘルシーで雰囲気よし。こんな店はデートで彼女を連れて行くのにも最適。日中でも少し薄暗い店内はムーディーです。

ブログ映えさせたいライターの要望

100点満点のナイスなお料理。大好きでたまらない「すずきち」さんなんですけど、たった一つだけ不満点があります。

それは、店の照明。

全体的に店内が薄暗いんです。窓が小さいため自然光が入ってこないうえに、カウンター席はオレンジ色のライトがピンポイントな光を真上から照らしだします。人口光は濃い影を作りだし、結果、料理写真はのっぺりとした印象……。これは料理をおいしく見せたいグルメブロガーにとって、痛恨の極みなのではないでしょうか。

昨今、「SNS映え!インスタ映え!」と耳が痛くなるほど叫ばれていて、女子に人気のカフェをはじめ飲食店全体が「見た目の美しさ」に力を入れていることかと思います。

もちろん、話題になるような見た目は大事です。でも、写真を撮る側として「自然光が入るかどうか」はかなり重要事項なのです。

だから、SNS映えを狙う飲食店は、ぜひとも日当たりの良い席を多く作ってほしい。店内をオレンジ色の光で照らしたり、薄暗くしないでほしい。

個人的には切にそう願っています。

スポンサーリンク